東京のaga治療はメスや注射を使わない内服治療

東京には、専門性の高いaga治療の病院が多く、日本皮膚科学会のガイドラインに基づいて、内服薬フィナステリド、と効果の現れ方が違う外用薬ミノキシジルを併用した治療をしてくれます。フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、このDHTが皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで、agaを発症させますが、このDHTをつくらせないようにすることで、脱毛の進行を止めます。毛髪は、成長期、退行期、休止期を繰り返しますがagaにおいては、髪の成長期が短くなり、退行期、休止期に入っているので、脱毛が進むのですが、DHTをつくらせないことにより、再び髪が成長期に入るので、新たに髪が増えてくるのです。

日本皮膚科学会のaga治療ガイドライン

日本皮膚科学会が、科学的根拠に基づいて、選定しているaga診療ガイドラインにおいては、強く治療をすすめるA判定から効果の少ないD判定まで、A,B,C1,C2,D判定と5段階に分かれており、A判定はフィナステリドとミノキシジルです。ミノキシジルは、外用薬ですが、フィナステリドは内服薬で、半年使用で48%、1年使用で58%、2年使用で68%、3年使用で78%の人に発毛効果が見られており、脱毛の進行が止まった人も含めると98%の人に効果が出ています。東京では、特に脱毛治療の専門病院が多く、発毛しやすい生活習慣の見直しから、最も効果のあるフィナステリドとミノキシジルを使った発毛治療をしてくれます。フィナステリドとミノキシジルは発毛の効果が現れる理由が全く違いますので、併用が可能です。

フィナステリドより効果のあるデュタステリド

日本皮膚科学会のガイドラインでは、自毛植毛がB判定です。フィナステリドの内服がA判定ですので、こちらの方が手軽に治療を受けられます。さらに、2015年にはデュタステリドの処方が日本で認められました。デュタステリドは、フィナステリドが5α還元酵素のⅡ型の実を抑えるのに対して、Ⅰ型とⅡ型の両方を抑える効果があり、フィナステリドの1.5倍の効果があると報告されています。デュタステリドは、フィナステリドに比べて血液中に長く留まるのですが、ながくつかっていると、耐性が生じるので、3カ月可半年に1回ハフィナステリドを使用しないといけません。東京のaga専門病院では、このような最新の情報も素早く患者さんに伝えてくれて、安心して最新の治療を受けることができます。

東京のaga治療はメスや注射を使わない内服治療

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above